lptop

 

mousikomi

 

 

lp2

 

不安1:初期設定が不安な方は全国のmineo(マイネオ)対応店舗でサポートが受けられる

tenpo

mineo(マイネオ)は全国にサポート店があり、申し込みはもちろん初期設定や旧機種からのデータ移行(有償)のサポートを受けることができます。

店舗でできること

・新規申し込み…mineoの申し込みができる

・初期設定…SIMカードの差し替え、ネットワークの設定・初期設定を行う

・追加有料サポート…電話帳などのデータ移行、出張訪問サポートの受付

 

また、店舗のサポートだけでなく遠隔でスマホの画面を見ながら操作方法を教えてくれる「スマホ操作アシスト(月額500円)」というサポートもあり、初心者の方でも安心して乗り換えることができます。

詳しくはこちら…

mineo(マイネオ)はスマホ初心者の方にも安心「店舗での初期設定サポート」や「スマホ操作アシスト」で操作を教えてもらえます

 

マイネ王というコミュニティサイトで質問も可能

さらに、mineo(マイネオ)を使用しているユーザー同士で質問・回答をすることができる「マイネ王」というコミュニティサイトがあり、わからないことを質問したり、mineo(マイネオ)の運営会社に「ここを改善して欲しい!」など要望を提出することも可能です。

詳しくはこちら…

まるでYahoo!知恵袋!mineo(マイネオ)はユーザー同士のコミュニティページ「マイネ王」で疑問を解消できる

 

 

 

不安2:受信最大速度は225Mbps相当

data

mineo(マイネオ)はドコモの回線を使用したDプランとauの回線を使用したAプランのどちらかのプランを選択できるようになっていて、どちらも最大受信速度は225Mbpsとなっています。この速度はあくまで”最大”のため使用している機種や地域(場所)、そして通勤時やお昼の時間帯などよくスマホが使われている時間帯になると若干速度が遅くなってきます。

 

新宿駅で18時頃速度を計測してみると

mineo

こちらの画像は新宿駅で18時頃ドコモ(左)とmineo(右)で速度を計測してみた結果です。若干ドコモの方が速いですが、mineo(マイネオ)も28Mbps出ているので使用していてもほとんど違いは感じられません。

ただ、ドコモに比べると通信が混み合う時間帯で速度が遅くなってしまうのは事実です。そのためmineo(マイネオ)では現在「プレミアムコース」という専用帯域を用意し、快適にスマホが使うことができるようなプランをテストしています。

詳しくはこちら…

お昼や通勤時の混雑時でもスムーズに通信できるmineo(マイネオ)の「プレミアムコース」とは

 

 

不安3:mineo(マイネオ)に乗り換えた人は平均で3,000円安くなっている

kakaku

上記価格はDプランの料金表で、Aプランのデュアルタイプではこの料金よりも90円安くなります。(シングルタイプはDプラン・Aプランともに同価格)

例えばドコモの最安プランでは、6,500円(カケホーダイ2700円+データSパック(2GB)3500円+spモード300円)となっています。それに当てはめると…mineoではデュアルタイプの3GB(データ通信+090音声通話タイプ)で「1,600円」となり、

6,500円(ドコモ)→1,600円(mineo)と、ドコモよりも4,900円安くなります。

だだし、ドコモのこのプランではカケホーダイプランがあるのに対し、mineoにはありません。そのため全く同じ比較というわけではありませんが、このかけ放題プランはドコモでは加入が必須になっているため、電話をほぼしない人でも通話料を払わなければいけません。

通話をほぼしない人からするとかなり迷惑なプランですよね。

fullsize_image

こちらの円グラフはmineo(マイネオ)に乗り換えたらスマホの料金はどれくらい変わりましたか?というアンケート結果です。

一番多いのが29%の「1,000円以上安くなった」「3,000円以上安くなった」という人です。

3GBプランで契約すると1,600円となり、通話を全くしない状態で4,900円安くなりますが、これに1,000~2,000円くらいの通話料がかかったとしても、およそ3,000円安くなります。最近はプライベートのやり取りはほとんどLINEで音声通話もLINEでやっているという人が増えてきたため、通話料もほとんどかけずにスマホを利用することもできるようになりました。

また、MM総研の調べでは、スマホ使用料の平均が「6,342円」、そして通信量はほとんどの人が「3GB」以下となっています。

スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量(2015年3月)|MM総研

 

mousikomi

 

point1

oricon

日本顧客満足度ランキング(評価項目総合)MVNO(SIM)|ORICON

こちらの表はORICON調べのMVNO(格安SIM)の満足度ランキングです。このランキングでも常にmineo(マイネオ)はトップクラスの評価になっており、トップとのポイント差は3点ほどとなっています。

※2016/10/25時点

 

mineo(マイネオ)内での口コミ

dpuran

auからの乗り換えです

iPhone 7 SIMロックフリー版をApple Storeで購入し、mineoで運用を始めました。
格安SIM自体はサブ端末のNexusで二年ほど使っていて、特に問題なく使えることを検証済みでした。同じキャリアのIIJmioにするつもりでしたが、ビックカメラ店頭での対応が不愉快だったこと、ファミリーシェアプランが夫婦で使うのには適してないことがわかり、ネットで評価の高いmineoを選びました。

普段の利用は特に問題なく、快適に使用できています。
ただし、混雑する場所や時間帯では、まったく通信できなくなることもあります。この場合はサブ端末のIIJmioでも同じ傾向ですので、ドコモ回線を使用する格安SIMはどこも似たり寄ったりなのかもしれません。

kurokiさん

混雑時間帯でも一定して安定した感じ

Aプランから約半月Dプランへプラン変更。混雑時間帯にどれだけ差が出るのか試してみたくて。(mineoさんごめんなさい)
結果混雑時間帯でも実用に耐えうる体感速度でした。決して早いわけではありませんが、安定して約1M程度は出ている感じですね。ちなみに混雑していない時間なら本当に快適です。

これから更にユーザーが増えるでしょうから維持も大変かと思いますが、ユーザーのためにも頑張って頂ける事を期待して。。。。。

たれまーくんさん

定額通話料金が…

他社と比べるとちょっと高いですね(汗)。特にBIGLOBEと比べちゃうと高さが際立つというか…。あそこまでとは言わないけど、もう少し何とかなると嬉しいです。そうすれば楽天でんわに頼らなくて済みます(苦笑)。まぁ、プランがあるだけいいとも言えるんですが。
まだ契約してから少ししか時間が経っていませんが、今のところ他には特に不満はないです。ただ、LaLa callが来年から有料になるのがちょっと残念かな。

ドイツで野宿さん

Twitterでの口コミ

ドコモのような大手キャリアのように電話のかけ放題プランがない。時間帯によっては通信速度が遅くなってしまう。というデメリットもありますが、それに勝る安さというメリットがあるのでこの料金でこれだけ使えれば問題なし!という人が多いようです。

ちなみにLaLaCallは現在基本料無料ですが、2017年2月1日から月額基本料100円へ改定されます。

 

point2

docomo

※ドコモフリーコースのイメージ

ドコモなど大手キャリアでは期間外に解約をすると9,500円の解約金が発生します。しかも2年縛りというのは2年間継続するとその先ずっと解約金が発生しないというわけではなく2年間が終わった後の2ヶ月の間に解約をしなければいけません。つまり2年ごとに来る2ヶ月を待ち、ピンポイントで解約をしなければいけないということになっています。

この問題に対し、ドコモは新しく月額料金も据え置きで解約金が発生しない「フリーコース」を2016年6月から開始しました。ただしフリーコースは申し込みが必要なため、知らずに申し込みをしておらず、今でも解約金を支払っているという人も多くいるという状態です。

auも解約金が発生しないプランがありますが、若干月額料金が高くなります。

 

一方mineo(マイネオ)では、契約からの使用最低期限などは無く、解約金が発生しないコースなどの申し込みも必要ありません。

しかし、mineo(マイネオ)の契約から12ヶ月以内に電話番号を他社へ移すMMP(ナンバーポータビリティ)を使用しての解約の場合はMNP転出手数料12,420円(税込)が必要になります。13ヶ月以降は2,160円(税込)。

12ヶ月以内のMNPでの転出はかなりの高額になりますが、単純な解約の場合には料金はかかりません。また13ヶ月以降でも発生するMNP転出の転出手数料に関してはドコモなどの大手キャリアでも他社MVNOでも2,000~3,000円の事務手数料がかかります。

つまりMNP転出にかかる手数料はどこでも発生するということです。

詳しくはこちら…

ドコモからmineo(マイネオ)に乗り換える前に確認すること。機種、電話番号をそのまま使う?使わない?

 

point3

plan

mineo(マイネオ)はドコモの回線「Dプラン」とauの回線「Aプラン」の2つの回線(SIMカード)から選ぶことができます。ほとんどのMVNOはドコモの回線を使用していますが、mineoはauの回線も選ぶことができます。

ドコモプランとauプランを選択できるメリットとは?

メリット1

単純にどちらか好きな回線を選べるというメリットがあります。これに関しては自宅や良く使う場所でドコモの方が電波が入りやすい、auの方が電波が入りやすい。などということもあるためスマホを使用する環境によってどちらかを選ぶことができるというメリットがあります。

 

メリット2

ドコモからの乗り換えで同じ機種を使う場合は「Dプラン」、auの機種をそのまま使う場合は「Aプラン」という選択もできます。

通常キャリアから販売されている機種は「SIMロック」状態で販売されているため、他社のSIMカードでスマホを使う場合「SIMロック解除」をする必要があります。しかしドコモで使用している機種をmineo(マイネオ)のDプランで使用する場合(auの機種の場合はAプラン)、SIMロック解除が必要無くなるのです。

SIMロック解除はキャリアの店舗で行うことができるのですが、3,000円の手数料がかかります。また、前回SIMロック解除をしてから6ヶ月間はSIMロック解除ができないという制限もあります。(転売防止の為)

そのため、ドコモやauからのmineo(マイネオ)に乗り換える場合、SIMロック解除が必要がないプランを選択できるというのがもう1つのメリットです。

※auの機種の注意点

au VoLTE対応SIMカードを使用している機種の場合、事前にSIMロック解除が必要な場合があります。

 

point4

kurikosi

上の画像のようにmineoのマイページでは、今月どれくらいデータを使用したか?先月から繰り越したデータはどれくらいあるのか?などを確認することができます。

また、ドコモにもデータ繰り越しはありますが、繰り越しできるデータの単位は「1GB」となっているため、残りが999MBだった場合は繰り越しできなかったり、「データSパック:2GB」や、らくらくスマートフォン向けの「200MB」プランでは繰り越しの対象外となっています。

一方mineo(マイネオ)は、1GB以内でも繰り越しされプランの指定などもありません。繰り越しされたデータは繰り越した当月までの使用期限となっていますが、繰り越したデータを優先的に使うようになっているため無駄がありません。

データ繰り越しの詳細はこちら…

mineo(マイネオ)はどのプランでも使わなかったデータを翌月に繰り越しできる

 

point5

freetank3

フリータンクは、パケットが余って使い切れない人が善意でタンクに自分のパケットを入れ、少なくなった人がそのタンクから1ヶ月1GBまで使用することができる仕組みで、mineoユーザーのパケット全体を大きなタンクのようなものとして捉え、みんなで自由にパケットのやり取りをできるようにしたものです。

ユーザー同士でパケットをシェアしあえる。それが「フリータンク」です。

詳しくはこちら…

知らないと損する!毎月タダで1GBもらえるmineo(マイネオ)のフリータンクの使い方

 

mineo(マイネオ)でスマホを同時購入することも可能

もちろん今使っている機種をそのまま使うということもできるのですが、使ってきた機種が古くなったのでmineo(マイネオ)への乗り換えと同時に機種も新しくしたいという場合はmineo(マイネオ)で機種を購入することも可能です。

mineo3-1

現在オススメの機種はarrows M03(FUJITSU製)とHUAWEI P9 lite(HUAWEI)です。Android OSのスマホはいろいろなメーカーから販売されているため、性能が低い機種も多く販売されています。そのため変な機種を購入してしまい、使い勝手がものすごく悪いという機種に当たってしまう可能性もあります。

mineo(マイネオ)から販売されているこの2機種は、コストパフォーマンスが高く、安い割には高性能の機種となっているため、もしmineo(マイネオ)で同時に機種を購入するのであれば、この2機種がおすすめです。

この2機種のスペックはこちらのページで確認できます

ドコモからmineo(マイネオ)に乗り換える前に確認すること。機種、電話番号をそのまま使う?使わない?

 

最後に

mineo(マイネオ)に乗り換える最大のメリットは「安さ」です。ドコモからの乗り換えの場合は平均で3,000円。最大6,000円ほど月々の料金を安くすることができます。しかし、デメリットとしてドコモに比べると通信が混み合う時間帯などは速度が遅くなってしまうことがあったり、長電話をする人、とくに色々なところにたくさん電話を掛ける人にとっては「かけ放題プラン」がないためデメリットになるでしょう。

 

mineoを1年間使ってみた感想とmineoのデメリットを紹介していますので、乗り換えを検討しているようであれば参考にしてみてください。

 

mineoを1年間使ってみた感想を書いています。

mineo(マイネオ)を一年間使ってみた感想。かけ放題プランと機種にこだわりがない人はおすすめです。

 

ドコモからmineoに乗り換えることによるデメリットとは

これに1つも当てはまらない人はメリットしかありません。ドコモからmineo(マイネオ)に乗り換えた場合の6つデメリット

 

mousikomi

投稿日:2016年10月25日 更新日:

Copyright© 乗り換えて3,000円安くなる!おすすめ格安SIM(MVNO)はmineo(マイネオ) , 2016 AllRights Reserved.