ドコモとmineo比較

ドコモからmineo(マイネオ)に乗り換えるとプラン次第で半額以下まで節約可能

投稿日:2016年10月14日 更新日:

ドコモのスマホをお使いの皆さん、月々どれくらいの使用料を支払っているでしょうか?

年齢(学割など)や契約年数により多少の違いはありますが、6,000円くらいから高い人になると15,000円ほどでしょうか?一度だけの支払いであれば、多少高くてもいいかもしれませんが、1万円以上も毎月支払うというのは大変ですよね。

そこでmineoに乗り換えるとこの料金がどのくらい安くなるかを紹介したいと思います。

 

ドコモの使用料を調べる方法

mineoに乗り換えるとどれくらい安くなるかの前に、まずドコモで現在支払っている月々の料金がどれくらいなのかを調べる方法を紹介します。

近年はペーパーレスになり、明細書もネットで見るということが一般的になったため、昔に比べると月々の使用料を詳しく見るということも少なくなり、毎月どれくらいの料金を支払っているかを把握されてない方も多いようなので、現状の料金を知ることは大切です。

 

ドコモマイページで確認

ドコモの使用料を確認するにはドコモのマイページ(My docomo)にログインする必要があります。ログインに必要なものは「dアカウント(旧docomo ID)」となり、アカウントとパスワードを入力してログインします。dアカウント・パスワードは契約時の書類に記載されています。

My docomoにアクセスし、料金・データ量の確認を開きます。

docomo1

 

ご利用料金の確認→確認する

docomo

 

dアカウント、パスワードを入力しログインします。

daca

 

2台以上契約している場合は、「電話番号を選択」で料金を知りたい番号を表示することができます。またこのページでは今月の請求予定額(未確定)と過去4ヶ月の料金と内訳を見ることができます。明細を見るとわかるのですが、この料金は月々の使用料の他、オプション使用料・機種代(分割で支払っている場合)なども含まれます。

docomo2

 

mineoに乗り換えるとどれくらい安くなるのか?

こちらがmineoのDプランの料金表です。mineoにはドコモ回線を使用する「Dプラン」とau回線を使用する「Aプラン」があり、若干「Dプラン」の方が高くなります。

ドコモからの乗り換えということで説明をしていますので、Dプランでの比較をしていきます。

プランには「データ通信のみ」「データ通信のみ+SMS」「データ通信+090音声電話」の3つの種類があり、ドコモで契約しているスマホは「データ通信+090音声電話」と同じタイプでの契約となっています。

・データ通信のみ…電話ができないプラン。おもにタブレットや2台持ちの2台目で使用する

・データ通信のみ+SMS…データ通信にSMS(ショートメール)が使えるプラン

・データ通信+090音声電話…電話もネットも使えるプラン

 

ドコモでは「データ通信+090音声電話」と同じタイプのプランで契約となっているため、このプランの料金を見ていきます。一番高いプランが、10GBまでデータを使用できるプランで「3,220円」となっています。

ただし、自宅にWi-Fi環境がある場合、一ヶ月に10GBも使用するということはほとんどなく、一般的なデータの使用平均は「3~5GB」となっています。3GBの場合は1,600円ですね。そしてこれに電話の通話料がプラスされるようになります。

 

ドコモとmineoの料金比較

それではドコモとmineoの料金の比較をしてみましょう。ドコモの料金は1度の電話が5分間以内であれば通話料が無料になる「カケホーダイライト:1,700円」と各データプランの組み合わせで計算します。

データ容量 ドコモ mineo
500MB なし 700円
1GB なし 1,500円
2GB カケホーダイのみ選択可 なし
3GB なし 1,600円
5GB 7,000円 2,280円
10GB なし 3,220円
20GB 8,000円 なし
30GB 10,000円 なし

例)カケホーダイライト+5GBの場合

カケホーダイライト(1,700円)+データMパック5GB(5,000円)+spモード(300円)=7,000円

※spモードとはネットに接続するためのプロバイダのようなもので、必ず契約が必要になります。

 

ドコモは5分以内通話料無料(国内のみ)というオプション付き(mineoは通話料無料なしプランでの比較)というのもありますが、mineoの方が安いのは明らかですね。

また、カケホーダイライトの場合「2GB」のプランが選択できないという条件もあります。2GBのプランを選択するにはカケホーダイプラン(2,700円)を選択する必要があり、現在ドコモの新規では、電話のカケホーダイ(2,700円)または、カケホーダイライト(1,700円)の加入が必須になっています。

料金が高いことに加え、こういった条件を指定して価格をできるだけ安くできないようなプランを設定しているため、ドコモではなかなか月々の使用料を抑えるということが難しくなっています。

 

最後に

ドコモからmineoに乗り換えた場合、ほとんどの人が半額以下で月々使用できるようになるのではないかと思います。しかしmineoにはドコモのように電話のかけ放題プランが今現在は存在しないため、電話をたくさんかける人からすると、あまりメリットがない場合もあります。

ただ、今や友達や家族などと連絡を取るのにLINEの無料通話やSkypeを使うことで、音声通話は可能なため、仕事でスマホを使っていなければそこまで電話をたくさん掛けるということは無いのではないでしょうか?

もし、仕事でスマホを使っていて電話をたくさんするような方は、ネット回線を利用したIP電話(LaLa Call)や通話定額30/60などのプランもあるので、mineoの通話料に関してはまた別のページで紹介していきたいと思います。

 

mousikomi

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

mineoってどうなの?口コミからわかる本当のマイネオ

通話をしない人でも強制的に通話料を支払わされているという大手キャリアのスマホ料金プランの話

最安プランはデータ通信プランで月700円!mineoがこんなに安い理由とは?

-ドコモとmineo比較
-,

Copyright© 乗り換えて3,000円安くなる!おすすめ格安SIM(MVNO)はmineo(マイネオ) , 2017 AllRights Reserved.