乗り換え

機種・電話番号をそのまま使う場合のmineo(マイネオ)に乗り換える前に確認することとは

投稿日:2016年10月21日 更新日:

ドコモからmineoに乗り換えてスマホを使う場合、現在使用している機種と電話番号をそのまま使うのか?全く新しくするのか?で乗換方法が変わってきます。

 

現在使用している機種をmineoで使う場合

いま使っている機種をmineoで使う場合、その機種がmineoでも使えるかどうかを調べる必要があります。

そしてドコモの機種であればSIMロック解除をする必要は無いのですが、mineoに対応しているかどうかを調べる必要があります。

端末チェッカー|mineo

端末チェッカーをクリック

check

 

下の画像のようにメーカー名や機種名を選択し、「診断する」をクリックします。

check2

 

ドコモのSIMカードが使用できるようなので、mineoでのプランは「Dプラン」を選択することでそのまま使えます。

check3

 

そして、一番確認しなければいけないのが「SIMカードのサイズ」です。このサイズは機種によって違うため、mineoに乗り換える際に指定するSIMカードのサイズを知っておかなければいけません。

check4

先程検索したREGZA Phone【T-01C】は「標準SIM」を使っているようです。SIMカードサイズは3タイプあり、間違えたサイズを選んでしまうと本体に差し込むことができないので、乗り換える前にしっかり確認しておきましょう。

このように現在使用している機種がmineoで使えるか?そしてSIMカードのサイズは何を使っているかを調べます。また、他のキャリアで使用していたスマホで乗り換える場合、SIMロック解除をしないといけませんが、ドコモの機種でmineoの「Dプラン」を選択することでSIMロック解除が不要となります。

端末をそのまま使う場合の確認項目

・いま使っているスマホがmineoでも使えるのか?

・いま使っているスマホはどのサイズのSIMカードを使っているのか?

 

電話番号をそのまま使用する場合

mineo11

mineo契約時にMNP予約番号を入力する

 

今の電話番号をそのままmineoで引き続き使う場合は、ドコモでMNP(ナンバーポータビリティ)を利用した解約をする必要があり、MNP予約番号をもらわなければいけません。このMNP予約番号をmineoの乗り換え時に使用することで現在の電話番号を引き続き使うことができるようになります。

ただし、MNP予約番号は取得してから15日という有効期限があるため、15日以内に使用しなければ失効となりドコモは解約とはなりません。

 

また、電話番号を新しくしたい場合は、mineo契約時に「MNPしない」を選択することで新しい番号をもらうことができます。(電話番号を指定することはできません)

MNPを利用した解約はショップやネットから可能です。

 

電話番号をそのまま使う場合の確認項目

・ショップなどでMNP予約番号をもらう必要がある

・MNP予約番号の有効期限は15日

 

新しく機種を購入する場合

もし今まで使っていた機種が古くなってきたので機種も新しくしたいという場合はmineoでも機種を販売しています。その中でオススメなのは以下の2機種です。

mineo3-1

arrows M03

OS:Android6.0

CPU:MSM8916 1.2GHz Quad Core

メモリ:2GB(RAM)、16GB(ROM)

外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)

ディスプレイ:5.0インチ

カメラ:メイン1310万画素、イン500万画素

バッテリー:2,580mAh

防水・防塵:防水 (IPX5/8)/防塵 (IP6X)

サイズ:72×144×7.8mm

重量:141g

指紋認証センサー:なし

テザリング:◯(同時10台まで)

おサイフケータイ:◯

ワンセグ:◯

国際電話:◯

 

HUAWEI P9 lite

OS:Android6.0

CPU:Huawei Kirin650 オクタコア(4×2.0GHz+4x1.7GHz)

メモリ:2GB(RAM)、16GB(ROM)

外部メモリ:microSD/(最大128GB)

ディスプレイ:5.2インチ

カメラ:メイン1300万画素、イン800万画素

バッテリー:3,000mAh

防水・防塵:なし

サイズ:72.6×146.8×7.5mm

重量:147g

指紋認証センサー:◯

テザリング:◯(同時8台まで)

おサイフケータイ:なし

ワンセグ:なし

国際電話:◯

 

Androidはいろんなメーカーから販売されているので、安くて性能が低く使いづらいという機種もありますが、この2機種に関しては価格の割りに非常に性能も良いため、動作が鈍い、カクカクして使いづらいとなりにくい機種です。

 

mineo以外で販売されている機種でオススメ機種

また、mineoで購入しなくても「SIMフリー」の機種をAmazonなどで購入するという方法もあります。

ASUS ZenFone 3 ZE520KL 3GB 32GB

zen

▶主なスペック

OS:Android6.0

画面サイズ:5.2インチ

メモリRAM:3GB

メモリROM:32GB(SDカードスロットあり)※64GBモデルもあり

カメラ画素:メイン1600万画素、インカメラ800万画素

SIMカードサイズ:nano-SIM/micro-SIM(デュアルSIM)

重量:144g

価格:33,600円

発売日:2016年秋

ASUSから販売されている「ZenPad」は格安スマホの中でもトップクラスのコストパフォーマンスが良い機種で、低価格で非常に高性能となっています。

 

Nexus5X 32GB

nexus

▶主なスペック

OS:Android6.0(Android7.0アップデート可)

画面サイズ:5.2インチ

メモリRAM:2GB

メモリROM:32GB(SDカードスロットなし)

カメラ画素:メイン1230万画素、インカメラ500万画素

SIMカードサイズ:nano-SIM

重量:136g

価格:35,780円

発売日:2015年秋

Nexus5XはGoogleがLGと組み開発したスマホです。GoogleからPxcelというスマホが先日発表されましたが(日本では発売未定)、Google主導で開発しているスマホにハズレはありません。

 

最後に

mineoに乗り換える際、現在使用している機種・電話番号をそのまま使う場合は、今の機種が使えるのか?の確認とMNP予約番号をもらう必要があります。

この2点をまず確認した上で乗り換えをしましょう。

 

mousikomi

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

解約金9,500円がかかってもすぐにmineoに乗り換えた方がお得な理由

大手キャリアから電話番号を変えないMNPでmineoに乗り換える手順まとめ

これに1つも当てはまらない人はメリットしかありません。ドコモからmineo(マイネオ)に乗り換えた場合の5つのデメリット

-乗り換え
-

Copyright© 乗り換えて3,000円安くなる!おすすめ格安SIM(MVNO)はmineo(マイネオ) , 2017 AllRights Reserved.