レビュー

mineo(マイネオ)を1年間使ってみた感想。かけ放題プランと機種にこだわりがない人はおすすめです。

投稿日:2016年10月27日 更新日:

現在メインはドコモのXperia X Performanceを使用しているのですが、2台目に使用しているNexus5Xを安く使いたいと思い、mineoのシングルタイプ(データ通信のみ)を契約し、約1年間使用してみましたのでその感想を紹介していきたいと思います。

 

mineo(マイネオ)のDプラン(ドコモ回線)を選択

tesuryou

なぜmineoにしたかというと、解約手数料がかからないという点です。今やいろいろなMVNOが格安SIM事業に参入していて、これからもそうですがもっと条件がいいところが出てきてもおかしくありません。そのためすぐに乗り換えることができるように解約手数料がかからないmineoにしました。

※mineo以外にも解約手数料がかからないMVNOはあります

また、その当時1GBプランの800円相当が6ヶ月間0円になるというキャンペーンも後押ししました。mineoはこういったキャンペーンを定期的にやっているため、そこに合わせて契約するというのもありですね。

 

mineoでは「解約清算金」という表記になっていますが、この解約金がかからないというのはMVNOではかなり重要です。大手キャリアのように2年間以内に解約すると9,500円の違約金が発生していては、今使っているところよりもいいところが出てきてもすぐに乗り換えができません。

さらにMVNOというのはサービス業者によって良し悪しがかなりあるため、もし使ってみて全然だめだったら解約も躊躇なくできます

※MNP(電話番号そのままでの解約)での解約は手数料がかかります

 

Dプラン(ドコモ回線)を選択したらドコモのSIMカードが届いた

docomo

mineoのDプランを申し込みをすると、「docomo」と書かれたSIMカードが送られてきました。初めてのMVNOだったのですが、そのままdocomoのカードが送られてきたのにびっくりしました。「mineo」とは書かれていないんですね…

mineoはドコモ回線とau回線のどちらか好きな方を選択できるという、少し珍しいMVNOです。ほとんどのMVNOがドコモ回線を使用していて、mineoのように複数の回線から選択できるというのはあまりありません。この2つの回線を選択できるメリットですが、スマホを使用する場所(自宅や職場、学校など)でドコモの電波が入りやすいとかauは入りにくい。というのがあると思います。

そのため、自分が良く使う場所で電波が入りやすい方の回線を選ぶことができるというメリットがあります。

そしてもう1つのメリットは、現在使用している機種をそのままmineoで使う場合、ドコモの機種を使っていればDプラン、auの機種を使う場合はAプランを選択することで、「SIMロック解除」をする必要がなくなるため、SIMロック解除手数料(約3,000円、機種によって異なる)もかかりません。

※au VoLTE対応SIMカードを使用している機種の場合、事前にSIMロック解除が必要な場合があります。

 

mineoの料金

d

※この料金表はDプランでAプランの場合、ほんの少し安くなります。

mineoの料金体ですが、最安がデータ通信のみができるシングルタイプの500MBで「700円」となります。まずはmineoをサブ機で使用したいと思っていたので当時購入したNexus5Xをデータ通信のみで使うために、1GB(800円)で契約しました。

冒頭でも書きましたが、当時800円が6ヶ月間無料になるというキャンペーンをやっていたため、初回の事務手数料3,000円はかかりましたが、それが以外は半年間0円で使用できました。

 

mineoの速度は?

mineoの1GBプランでは「800円/月」で使用できるということでドコモと比べてもかなり安いですが、速度が遅かったり、つながらないときが多かったりすると意味がありません。MVNOではお昼休みや通勤通学の時間帯のスマホがよく使われている時間になると速度が遅くなってしまうというデメリットがあります。

そこで通勤ラッシュが始まる18時に新宿駅でドコモとmineoの速度を計ってみました。

mineo

左がドコモ、右がmineoです。速度ではやはりドコモの方が速く、約10Mbps速くなっています。速度の関係はSIMカードだけでなく、スマホの性能にもよるのですが、ドコモはXperia Z4、mineoはNexus5Xで計測していて、Nexus5Xの方が高性能となっていますが、ドコモの回線の方が速いという結果になりました。

 

1年間使ってみて

mineo4

速度を計測してみると、数値の上ではドコモの方が断然速いのですが、電車に乗っているときや新宿・池袋など大きな街に行ったときでもmineoは速度が遅いとか繋がりにくいというのは全くありませんでした。速度が遅くなるとはいってもネットや動画を見るのに全く支障はありません。

ネットが繋がらず、「マイネオの野郎!!!」と思ったことも一度もありません。

自宅ではWi-Fiに接続をしているので、サブ機であれば1GBもあれば十分です。メインで使用しているドコモの回線の方も、月に3GB程度しか使っていないので今後ドコモを解約してmineo一本にするということもあるとは思います。

現在ドコモの使用料が6,500円(カケホーダイ2,700円+データSパック3,500円(2GB)+spモード300円)が、mineoの3GBの音声通話付きプランに1,600円乗り換えれば、毎月4,900円も安くなるので…ただしmineoには電話のかけ放題プランがなく、現在は電話もたくさん使っているという点と、自分が好きなXperiaシリーズがドコモなどの大手キャリアからしか販売していないという点で、まだmineoには完全に乗り換えていないといった状況です。

2017年3月よりmineoでも5分以内のかけ放題プランが登場します。このかけ放題プランはプラス850円で、5分以内の通話が何度でも無料となります。また、5分以上通話をしたとしても「30秒10円」となるため、通常の通話料の半額で通話が可能になります。

無制限かけ放題ではありませんが、ちょこちょこ色々なところに電話を掛ける機会がある方には非常に便利なプランではないでしょうか?

 

最後に

mineoのSIMカードを差しているスマホも画面上には「docomo」と表示され、体感速度はほとんどドコモと変わらないため、このスマホにはどちらのSIMカードが入っているでしょう?というクイズを出されたとしてもわからないと思います。

もちろん野球やサッカーのスタジアムのような、かなり人が密集しているようなところに行けば差は出るでしょうけど。そういうことも一時的なものなので普段使いにはまったく問題ありませんでした。

プランによっては半額以下で使用することができるようになるため、「電話のかけ放題プランが必要ない」「使用する機種にこだわりがない」という人はドコモなどの大手キャリアではなくmineoはおすすめです。

最後に、少し前に購入したiPhone7でもmineoを使ってみましたが、なんの支障もなく使えています。あえて言えば、画面の左上の電波の強さを示す「●●○○○」という表示がありますが、そこがすべて「○○○○○」となっていて電波の強さがわからないというところでしょうか?この症状については自分の機種だけなのかはわかりませんが、とりあえずiPhone7(iOS10.1)でも問題なく使えています。

docomo1

 

mousikomi

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

mineoってどうなの?口コミからわかる本当のマイネオ

まるでYahoo!知恵袋!mineo(マイネオ)はユーザー同士のコミュニティページ「マイネ王」で疑問を解消できる

知らないと損する!毎月タダで1GBもらえるmineo(マイネオ)のフリータンクの使い方

最安プランはデータ通信プランで月700円!mineo(マイネオ)がこんなに安い理由とは?

-レビュー

Copyright© 乗り換えて3,000円安くなる!おすすめ格安SIM(MVNO)はmineo(マイネオ) , 2017 AllRights Reserved.