ドコモとmineo比較

ドコモからmineo(マイネオ)に乗り換える場合、すぐにでも乗り換えた方が断然お得!

投稿日:2016年10月28日 更新日:

ドコモの料金が高いと感じている方も多いかと思いますが、解約時の解約手数料や機種代のサポート割引が無くなることを考えると、mineoに乗り換えると逆に高くなるんじゃないかと思ってしまいがちですが、実は機種代のサポートがなくなったとしてもすぐにmineoに乗り換えた方がお得になります。

 

月々の料金だけで見てみると4,900円お得

では解約金や機種の月々サポートを考えずに、月々の料金だけで見てみましょう。

norikae

 

ドコモの最安プランでは6,500円(カケホーダイ2700円+データSパック(2GB)3500円+spモード300円)で、mineoで同じようなプランの3GBプランでは1,600円となります。

というわけで月々の料金だけを見てみると、mineoに乗り換えると毎月4,900円お得になります。

※mineoにはかけ放題プランがなく、この金額に通話代がプラスされてくるため純粋な金額の差ではありません。

 

ドコモの解約手数料9,500円が発生したとしても毎月4,900円も安くなるということは2ヶ月で元はとれるということになりますね。また、ドコモには解約手数料がかからないフリーコースというプランもあるため、もし解約をしようか迷っている人はフリーコースへの切り替えをしておいた方がいいでしょう。

フリーコースには長年のドコモユーザーは2年縛りの方が若干金額も安くなり、2年ごとにドコモポイントがもらえるなどいう特典があります。

 

月々サポートが無くなってもmineoの方が安い!

ドコモでスマホを購入する際に「実質負担額」という表示を見ることがあると思います。この実質負担額というのは2年間ドコモを解約せずに、その機種を使い続けた場合のスマホの機種代となります。

例えば、2016年11月2日発売のXperia XZをドコモで購入したとします。

docomo

ドコモのデータSパックで契約した場合のXperia XZ支払総額は「81,648円」(データMパック以上でも支払総額は同じ)です。もし購入後すぐに解約するとこの額すべてを支払うことになります。この81,648円から月々サポートとして毎月「1,404円」が割引となり、実際に支払う月の料金が「1,998円」となります。

しかし、解約や途中で機種変更をするとこのサポートが適応されなくなり残りの月は月々サポートが適応されない「3,402円」を支払わなければいけなくなります。

※分割で機種代を支払っている場合、解約をすると残りの機種代は一括で支払うことになります。

 

解約や機種変更をせずに2年間続けると毎月1,404円引いてくれるというわけですが、月々サポートは24回に分けて割引されるというところが、またいやらしいところです。

 

月々サポートが適応されない状態でもすぐに乗り換えた方が安い!

norikae2

もしドコモを解約し、月々サポートが適応されない場合、月々の機種代金が3,402円となります。そこにプラスmineoの料金1,600円となると合計5,002円となります。月々サポートが適応されているドコモでの価格は8,498円となり、mineoの方が毎月3,496円も安くなります。つまり機種代を全額支払わなければいけなくなったとしても、機種代の増額は月に換算すると1,404円だけです。

毎月3,496円安くなるということは、逆に言うとmineoに乗り換えなければ3,496円高く払い続けているということです。もちろんこの期間が長いほど損をしているということになります。

そして解約金の9,500円が発生したとしても3ヶ月で元はとれます。

 

更新月が3ヶ月以内に来る場合は解約満了月に乗り換えた方がいい

2年間の契約が終わったあとの、25ヶ月目と26ヶ月目には解約金が発生しない月が「2ヶ月間」あります。解約金9,500円の元をとるには3ヶ月を要するため、更新月から逆算して3ヶ月以上前に解約をしなければお得にはなりません。

もし解約満了月が3ヶ月以内に来ている場合はその日を待って、解約金がかからない月に解約をした上で乗り換えましょう。

契約満了月を調べる方法

【ドコモ編】スマホの解約金がかからない、契約満了月を調べる方法|さる吉のIT日記

 

最後に

Xperia XZの機種代+月々の使用料を比較した金額で月々3,402円安くなるというというのは、電話の通話代が加算されていない料金で算出しているため、純粋な料金の差ではありません。しかしドコモの場合、電話をほとんどしない人でもかけ放題プランには加入が必須となっているため、電話をしない人からするとさらに高くなってしまっています。

また、ドコモを途中で解約した場合、分割で機種代を支払っている人は解約時に残りの機種代を一括で支払わなければいけなくなるため、残りの機種代と9,500円の違約金がプラスされて数万円の請求になる可能性もあるため、分割で支払っている人は一気に請求が来るのでその時の支払いがきつくなる可能性もあります。

その辺りを考えた上での乗り換えを検討する必要もありますね。

 

mousikomi

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

通話をしない人でも強制的に通話料を支払わされているという大手キャリアのスマホ料金プランの話

ドコモからmineo(マイネオ)に乗り換えるのは「月初・中旬・月末」どこが1番お得なの?

mineo(マイネオ)を一年間使ってみた感想。かけ放題プランと機種にこだわりがない人はおすすめです。

mineoってどうなの?口コミからわかる本当のマイネオ

MNPに必要な「予約番号」と「有効期限」の話。使わなければ何もなかったのと同じ

-ドコモとmineo比較
-

Copyright© 乗り換えて3,000円安くなる!おすすめ格安SIM(MVNO)はmineo(マイネオ) , 2018 AllRights Reserved.