乗り換え

iPhone7をmineo(マイネオ)で使うと2年で7万円も節約できる!?

投稿日:2016年11月5日 更新日:

iPhone7をドコモで購入し、ドコモで使用するのと、AppleストアなどでSIMフリーのiPhone7を購入しmineoで使用する場合、どれくらい料金が違ってくるのかを計算してみました。すると約7万円もmineoの方がお得に使えるようです。

 

ドコモでiPhone7を使用した場合

iphone7

こちらの金額はデータSパック(2GB)で使用している場合です。データMパック以上では月々サポートの額が1万円ほど増え、実質支払額で約1万円安く購入できるのですが、月々の使用料の方が高くなってしまい、トータルでは高くなってしまうためデータSパック(ドコモでの最安)で計算します。

ドコモでiPhone7(32GB)を購入した場合、支払総額は82,296円となりますが、2年間契約をすると月々サポートが適応され、50,544円が割引になり実質支払額は「31,752円」となります。

そして月々の料金として、データSパック3,500円、カケホーダイ2,700円、spモード300円を足すと「6,500円」となります。

月々の料金6,500円を2年間継続したとして6,500円×24=「156,000円

156,000円+31,752円=「187,752円

これがドコモでの2年間の支払額となります。ただし2年以内に解約もしくは他社へ乗り換えた場合、月々サポートは終了し、残りのiPhone7の代金は月々サポートが適応されない状態での残額を一括で支払わなければいけなくなるというデメリットもあります。つまり2年間は継続した場合が「187,752円」となり2年以内で解約した場合はこの額よりも支払いが高くなるということです。

 

mineoでiPhone7を使用した場合

iphone7-1

iPhone7(32GB)をAppleストアで購入すると「72,800円」となります。もちろん割引などは適応されません。

 

d

そしてmineoでデュアルタイプ(通話もできるプラン)の3GBを契約すると月額「1,600円」となります。

月々の料金1,600円を2年間継続したとして1,600円×24=「38,400円

38,400円+72,800円=「111,200円

この「111,200円」が、2年間mineoでiPhone7(32GB)を使用した場合の支払額となります。

 

ドコモとmineoの差額は…

ドコモ:156,000円+31,752円=「187,752円」

mineo:38,400円+72,800円=「111,200円」

差額:mineoが「76,552円」安くなる

 

mineoの方が「76,552円」安くなりました。ドコモは月々サポートが適応されるためiPhone7自体は安く購入することができますが、月々の使用料がmineoよりも何倍も高いため、トータルではこれだけの差がついてしまいました。

しかし、mineoの方の料金は通話料が加算されていないため確定した金額ではありません。つまり、通話をあまりしない人であればmineoでiPhone7を使用した方が圧倒的に安くなるということです。

このようにドコモでiPhone7を購入するというのは非常に損をしていることがわかります。これからiPhone7をドコモで購入しようと思っている方はこの機会にスマホ代の節約を考えてみてはいかがでしょうか?

 

mousikomi

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

かけ放題プランがないmineo(マイネオ)の通話料が安くなるLaLaCallとは

これに1つも当てはまらない人はメリットしかありません。ドコモからmineo(マイネオ)に乗り換えた場合の5つのデメリット

ドコモの解約金が発生しない契約満了月を調べる方法とフリーコースへの移行方法

mineo(マイネオ)に変えたら本当に安くなるの?ほとんどの人が約3,000円安くなっています

-乗り換え

Copyright© 乗り換えて3,000円安くなる!おすすめ格安SIM(MVNO)はmineo(マイネオ) , 2017 AllRights Reserved.