安さの秘密

最安プランはデータ通信プランで月700円!mineo(マイネオ)がこんなに安い理由とは?

投稿日:2016年10月15日 更新日:

mineoはデータ通信のみの契約であれば月額700円(500MB)からスマホを使うことができます。なぜこんなに安く提供できるのか、その仕組みを紹介したいと思います。

 

mineoが安い理由

kakaku

mineoの最安プランはデータ通信のみで500MBの「700円」となっています。ただしドコモからの乗り換えの場合、電話が使えないプランを選択するということはほとんどないので、実質の最安プランは電話とデータ通信プランのどちらも使える「デュアルタイプ」で1,400円となります。

 

ドコモでの最安プランでは、「カケホーダイ:2700円+データSパック2GB:3500円+spモード:300円」の合計6,500円となります。またこの料金は2年間継続するのを条件に契約した場合の金額です。もし途中解約すると9,500円の違約金が発生します。

※違約金が発生しないプランも登場しました。

 

長年ドコモと契約している方や年齢(学割)などで多少この金額から割引される人もいるかもしれませんが、それでも高いですよね?mineoの場合3GBプランで契約しても1,600円となっています。ドコモの6,500円と比べても非常に安いのがわかります。

 

こんなに安くて本当に大丈夫なの?安い理由は?

img_costdown

mineoが安い一番の理由は、ドコモが設置した設備を借りて運営しているからです。ドコモは日本各地でドコモのスマートフォンや携帯電話が使えるように多額の費用を使い基地局を設置しました。その点mineoは設備投資にほとんど費用がかからないため格安でサービスが提供できているというわけです。

また、ドコモはドコモショップを全国に設置し、お客様対応をしています。そのためショップの維持費、人件費なども多くかかります。mineoも日本全国に初期設定のサポートなどを対応する場所も設置していますが、そこまで店舗数も多くないため人件費や店舗維持費などのコストもそれほどかかっていないという点も安くサービスを提供できている理由です。

 

どうしてドコモは多額の費用をかけた設備を貸し出しているのか?

せっかく大変な思いをして日本全国に基地局を設置したのに、なぜ他企業に貸し出さないといけないのか?と思いますよね。なぜドコモがmineoや他の企業へ設備を貸し出しているのかというと、ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアがスマホ事業を独占しないように総務省から通達があったからです。

これからはユーザーが自分に合ったプランや事業者を自由に選ぶことができるようにという方針のもと、mineoなどたくさんの事業者がスマホ事業に参入できるようになりました

スマホ事業だけでなく電力も自由化しましたし、これは当然の流れですね。

 

少しだけデメリットも…

mineoは他のMVNOと比べても通信回線が遅くなってしまうということはほとんどありませんが、新宿駅など人が多くいるところに行くとドコモよりも多少通信速度が遅くなったり、繋がりにくくなったりすることもあります。

下の画像は新宿駅に18時頃速度計測した様子です。左がドコモで「38.00Mbps」、右がmineoで「28.27Mbps」。およそ10Mbpsほどドコモの方が速いですが、実際これくらいの速度が出ていれば全く問題なくネットやメールは使えます。

mineo

ネットやメール、YouTubeなどの動画を見るだけであれば3Mbpsも出ていれば体感速度はほとんど変わりませんので、そこまで気にする必要もありません。ただし、気になるほどではありませんがドコモと比べると多少つながらないときがあったり、速度が遅いという事実はあります。

格安スマホ事業への参入の壁が低いため、近年たくさんの事業者が参入してきています。中には本当に繋がりにくいMVNOもありますが、その点mineoはオリコン調べの顧客満足度調査でも常に上位にいるため安心して使うことができるMVNOです。

ORICON MVNO顧客満足度調査

 

mousikomi

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

mineoってどうなの?口コミからわかる本当のマイネオ

通話をしない人でも強制的に通話料を支払わされているという大手キャリアのスマホ料金プランの話

ドコモからmineoに乗り換えたらどれくらい安くなるの?契約プランによっては半額以下になることも!?

-安さの秘密
-

Copyright© 乗り換えて3,000円安くなる!おすすめ格安SIM(MVNO)はmineo(マイネオ) , 2017 AllRights Reserved.