乗り換え

ソフトバンクの最安プランと比較しても毎月3,400円も違う!ソフトバンクから格安SIMのmineoに乗り換えて節約できる金額とは?

投稿日:2016年12月1日 更新日:

softbankmineo

mineoはドコモ回線のDプラン、au回線のAプランのどちらかとなり、ソフトバンク回線は選択できません。そのためソフトバンクで使っているスマホをmineoでも使いたい場合はSIMロック解除が必要になります。

SIMロック解除はソフトバンクショップで行う場合有料(3,000円)となりますが、ネットから行う場合は無料で可能なため、今までソフトバンクで使っていたスマホをそのままmineoで使うことも可能なのですが、もしmineoに乗り換えた場合、どれくらい価格の差が出るのか?どれくらい月々節約できるのかを比較していきたいと思います。

 

ソフトバンクとmineoの料金比較

通話プラン ソフトバンク mineo(Dプラン)
ホワイトプラン 934円(7GBプランのみ選択可) 700円
スマ放題ライト(5分以内かけ放題) 1,700円  

かけ放題プランなし

スマ放題(無制限かけ放題) 2,700円

ソフトバンクの通話プランは3つのプランから選択でき、通話プランだけで見ると「ホワイトプラン」が安く見えますが、ホワイトプランではデータ容量が7GB(5,700円)しか選択できないためトータルの料金で見ると非常に高くなるプランとなっています。

また、ホワイトプランで選択できる7GBのデータプランは、使っても使わなくても定額で上限が7GB(5,700円)のプランと、5MBまでは2,000円、15.5MB以上使った場合は6,200円になるというプランの2つから選択できるのですが、スマホで一ヶ月5MBしか使用しないというのは普通に生活しているとほぼ不可能なため、逆に高くなってしまいます。

ホワイトプランとは

ソフトバンク同士なら1時~21時まで通話無料の料金プラン。それ以外の時間帯は20円/30秒となります。

 

そのためソフトバンクでの最安プランはスマ放題ライト(1,700円)となります。

一方mineoにはかけ放題プランはありません。電話をたくさんする人はかけ放題があるプランの方が安くなるかもしれませんが逆に言うと、かけ放題プランは電話をほとんどしない人でも通話代を支払わなければいけないプランとなっているということです。

 

データ容量 ソフトバンク mineo(Dプラン)
500MB なし 700円
1GB 2,900円 800円
2GB 3,500円(スマ放題のみ選択可) なし
3GB なし 900円
5GB 5,000円 1,580円
7GB 5,700円(ホワイトプランのみ選択可) なし
10GB なし 2,520円
20GB 6,000円 なし
30GB 8,000円 なし

通話プランとデータ定額プランを合計したソフトバンクでの最安プランは、スマ放題ライト(1,700円)とデータ定額1GBプラン(2,900円)の組み合わせとなります。

 

最安プラン1GBで比較してみる

・ソフトバンク

スマ放題ライト(1,700円)+データ容量1GB(2,900円)+ウェブ使用料(300円)=4,900円

 

・mineo

Dプランの090通話(700円)+データ容量1GB(800円)=1,500円

 

・結果

mineoに乗り換えると3,400円お得になる。

 

1GBのプランで3,400円の差ですが、普通に使うと1GB以上は使用するためデータプランが大きな容量になればもっと差が開きます。ただ、mineoは5分以内通話料無料というプランがないため、全く同じ比較というわけではありませんが、電話をほとんどしない人であれば、これだけの差があるということですね。

 

乗り換え時に発生する費用

今回比較したソフトバンクのプランは2年縛りであるため、もし2年以内に解約した場合は「9,500円」の解約金が発生します。

また、auで使用している電話番号をそのままmineoで使用するためには、MNPを利用した解約をする必要があり、それを利用した場合「3,000円」のMNP移転費用が発生し、いまソフトバンクで使っているスマホをそのままmineoで使いたい場合はSIMロック解除費用がさらに「3,000円」(ネットからSIMロック解除を行う場合は無料)必要になります。

※My SoftBankからSIMロック解除を申し込む場合はSIMロック解除料は無料となり、ショップで行う場合のみ有料となる。

 

ソフトバンクのSIMロック解除の手続きの詳細はこちら

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除|ソフトバンク

 

そしてmineoと契約するために必要な契約事務手数料として「3,000円」が必要となります。

 

まとめると

◆ソフトバンクに支払う

・解約金:9,500円(解約金が発生しない月に解約した場合は無料)

・MNP転出費用:3,000円(電話番号を変えずに乗り換える場合)

・SIMロック解除費用:3,000円(My SoftBankから行う場合は無料)

 

◆mineoに支払う

・契約事務手数料:3,000円

 

mineo契約時にエントリーパッケージを事前に購入しておけば3,000円が無料となる

解約金が発生しない月に解約をし、電話番号も変わってもいいという場合、そしてSIMロック解除は自分でネットから行うという場合はauに支払う費用は全く発生しませんが、mineoと契約する際の費用3,000円は発生します。

しかしmineoには「エントリーパッケージ」というものがあり、これを使用することによって事務手数料が無料でmineoの申し込みができるようになるのです。

エントリーパッケージは、Amazonやヨドバシ.comなどで約1,000円で購入可能することができるため、2,000円ほど安くmineoに申し込みができるようになります。しかしエントリーパッケージが届くまで1~3日ほどかかるため、すぐにでも乗り換えたいという場合には、事前に購入しておく必要があります。

 

乗り換え前には使用したいスマホのSIMサイズの確認を忘れずに

使用しているスマホの機種によってSIMカードサイズが異なります。そのためmineoの契約時にSIMカードサイズ(種類)を選択するのですが、自分が使っているSIMカードサイズを知らなければどれを選んでいいかわかりませんよね?

SIMカードサイズは使用しているスマホのメーカーのサイトから確認することが可能ですが、価格.comでの方がわかりやすいと思います。

 

最後に

いかがでしたか?mineoの金額は通話料が含まれない金額とは言っても、約3,400円安くなりました。メインで使用しているスマホのデータ容量を1GBで契約することはないかと思いますので、データ使用量が5GBのプランであれば5,000~6,000円安くなります

毎月これだけ安くなれば初回の解約手数料などがかかったとしても、あっと言う間に元は取れるでしょうね。

 

ソフトバンクのMNPを利用した解約方法はこちらから確認可能です

ソフトバンクから他社へ変更する場合|ソフトバンク

 

mousikomi

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

解約金9,500円がかかったとしてもすぐにmineoに乗り換えた方がお得な理由

電話番号を変えずにMNPでmineoに乗り換える方法まとめ

auとソフトバンクに関しては2年縛りがないコースは逆に損をするプランになっているため注意が必要です

-乗り換え

Copyright© 乗り換えて3,000円安くなる!おすすめ格安SIM(MVNO)はmineo(マイネオ) , 2017 AllRights Reserved.